2008年08月01日

観光プランナー塾7月 講師:坂本二朗さん

まち語りシリーズ「神楽坂語り」

善国寺神楽坂毘沙門天 きもの百人*雛の会

7月の観光プランナー塾は、活動の原点とも言える神楽坂を掘り下げてお届けしました。神楽坂の名物親父として親しまれ、神楽坂「坂本ガラス四代目」自ら“神楽坂700mの男”と名乗り、その歴史とともに現在神楽坂の賑わい創りに奮闘中!坂本二朗さんに、神楽坂の変遷とこれからについて熱く語っていただきました。

何故この坂の道幅が守られたのか?どのようにこの街並みを守ってきたのか?現在賑わう神楽坂の魅力の裏側には、様々な人たちの想いと市民運動に支えられたものということがわかりました。

日時 : 2008年7月16日(水)19:00〜21:00
会場 : 神楽坂 ココットカフェ(新宿区津久戸町3-12)
語り部 : 坂本二朗

TV 自主ゼミの様子(YouTube) TV



posted by つね吉 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観プラ塾とは何ぞや? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。