2009年09月05日

2009年9月観光プランナー塾:千駄木旧安田邸 マネージャー 多児 貞子さん

*歴史的建造物の保存と活用法*市民社会における文化財のできることは*

「赤レンガの東京駅・千駄木旧安田邸の保存活動と活用実践」

昔の暮らしの道具展.jpg

千駄木旧安田邸マネージャー 多児 貞子さんは、「赤レンガの東京駅・千駄木旧安田邸の保存活動に加え、話題となった丸の内の"東京中央郵便局を重要文化財にする会"事務局と、東京の保存すべき観光資源に深く関わりながら、保存後の活用について実践されていらっしゃいます。今回は、*市民社会における文化財のできること*の可能性についてレクチャーいただきました*


参加者は観光プランナー塾のメンバーに加え、東京大学文化資源学公開講座に参加する文化行政や文化施設の運営に関わる方が2名参加。
歴史的建造物を地域の文化拠点として認知されつつある「千駄木旧安田邸」ですすめていることを題材に、東京中央郵便局に関する様々な視点が話し合われました。
何故その建物を残すべきであるかについての説明を、若い世代や関わりのない方に理解してもらうか?
本当に残すべきなのか?どのように活用したら多くの人にもとめられるのか?このテーマはこれから永遠の課題であると実感させられました。

今年も安田邸では、地域のイベント「藝工展」に参加。
「くらしの道具展」を開催。学芸員のいない市民でつくる開催イベントで昨年は「花嫁のれん展」や「栄徳斎展」今年は高村光太郎さんにまつわる「となりの高村さん」。学ぶことの多い活用事例のお話でした。


posted by つね吉 at 23:53| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 観プラ塾とは何ぞや? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。